プロフィール

こんにちは。

平井堅、北欧雑貨、栗をこよなく愛する イシイ マユです。

このブログを訪問してくださりありがとうございます!

まずは私の事を自己紹介させてください^^

私の生立ち〜結婚まで

私は生まれも育ちも九州の宮崎県出身です。

同じ宮崎県出身のモデルの「エビちゃん」こと蛯原友里ちゃんと同じ年の37歳の働く主婦です。

血液型はB型で、周りからは「典型的なB型人間」とよく言われます。

人と同じ事が嫌いで、群れるのが苦手です。(社交性低めです^^;)

ちょっと変わっています。たぶん変人です(笑)

そんな私は大学までずっと九州にいました。

もともと関西に憧れていた私は、就職活動は関西の企業を中心に受けまくり、

就職を機に関西へやってきました!

人見知りの性格で話べたなので人間関係に悩み、

希望の職に付けたものの現実と理想のギャップに自分のやりたい事はなんなのか・・・と悩んだり、

本当に悩みはつきません。

そんな時に旦那さんと出会い、31歳で結婚しました。

1人目妊娠!初めての育児は試練だらけ!

結婚してすぐに一人目を妊娠。

32歳で長男を出産。

産休と育休を取って、私の初めての育児がスタートしました!

1人目の出産〜育休の間の時期を今振り返ると、当時の私は、”鬱々”状態でした。

  • 子供と二人きりだと不安
  • 子供が泣いただけで不安
  • 何に対しても興味関心がなくなった
  • 出産前は大好きだったTVドラマもみたいと思わなくなった
  • 私に笑顔はなかった

気持ちに余裕がなくて、育児を楽しいなんて思える余裕もあるわけはなく、本当に辛かったです。

実家も遠方で頼れず、地元でもないから友達もいない。

旦那さんは仕事で帰りが遅いから、孤独での育児に息が詰まりそうでした。

だけど何とかこの状況を打破したいと思い、平日は毎日児童館に遊びに行き、

遊びに来ているママさんとお話をしていると、みんな自分と同じ様な悩みを持っていたり、

今こんな事で困っているという話を聞けたり、みんな悩みながら子育て頑張っているんだな、

自分一人だけじゃないんだって事を知って、ふさぎ込んでいた気持ちが少しずつ前向きに変えられる様になりました。

そして1年の育休が終わり、希望する認可保育園には入れなかったので、認可外の保育園に預けて仕事復帰しました。

(ちなみにその半年後、新年度となる4月入所で希望の認可保育園へ入れました^^)

二人目妊娠!イライラとの戦い!

職場復帰してほどなくして二人目を妊娠しました。

2人目は妊娠7ヶ月の時に「男の子」と判明!

もともと男の子は2人は欲しかったので、希望通りで主人も私も大喜び!

長男の洋服が全部お下がり出来るし、おもちゃも共有できるので、何かと助かる!

そして、仕事復帰1年後に2回目の産休と育休を取らせてもらい、34歳で次男を出産。

ちょうど長男とは2歳2ヶ月差。

イヤイヤ期真っ盛りの魔の2歳児。

言葉が出始めた頃でまだ十分に言葉でコミュニケーションが取れないし、トイレトレーニングは真っただ中。

赤ちゃんの子育てに、イヤイヤの長男のお世話に私も毎日イライラがつのっていました!

毎晩子供の寝顔をみながら、

「今日もいっぱい怒ってごめんね。怒りたくてあなた達を産んだわけじゃないのに」の反省会。

まだまだ手のかかる二人育児にいっぱいいっぱいの状況だったので、やっぱり気持ちに余裕はないし、

もちろん私に笑顔はなし。

私が思い描いていた子育ては、「大変でも笑顔と笑いの耐えない家庭」だったのに、

その理想からは遠ざかるばかり。

こんな状況を打破するには・・・と悶々とした日々が続く。

3人目は・・・?産み分け妊活に挑戦!

そんな感じで悩みはつきないながら、兄弟子育てや仕事との両立で毎日慌ただしい日々を過ごしていました。

もともと子供は3人欲しかった私たち。

自分達の年齢の事も考えて、そろそろ3人目をと話をし始めた時、ふと主人から

「次はどっちが欲しいとかある?」と聞かれました。

そんな話を今までした事がなかったけれど、自分と向き合って考えてみると、

  • 女の子のピンクのフリフリでかわいい洋服っていいな〜
  • お母さんと娘ちゃんがお揃いの洋服を着ている姿が羨ましいな〜
  • 大きくなったら娘と二人でランチに行ったり、洋服を買物に行ったりできると楽しいだろうな〜
  • 娘と二人で温泉旅行なんて女子会みたいで楽しそう!
  • 友達やママ友が女の子を妊娠したとか、出産したって聞くと何か胸がソワソワする
  • 実母から女の子が一人はいるといいわよ〜のプレッシャーがのしかかる

こんな思いが次から次へと溢れ出てきました。

私、「女の子が欲しかったし、育ててみたかった!」んだってはっきり気づきました。

そして主人にその事を話すと主人も同じ気持ちでした。

それで、二人で色々調べていると赤ちゃんの男女産み分け方法がある事、

自宅で出来る方法がある事を知り、女の子の産み分け妊活に挑戦する事を決めました!

私も主人も36歳だったし、ずるずる妊娠出来るまで続けるには年齢的に難しかったので、

期限を決めてチャレンジをスタートしました。

長男や次男の時の様にすぐには妊娠できなくて、落ち込んだりイライラしたりする事もありました。

妊活を始めて約1年で第三子を妊娠。

妊娠6ヶ月で「女の子」と判明しました!!

そして先日無事に出産しましたーーー!!!

もう三人目は孫の様に可愛くて(笑)、しかも念願の女の子だったから余計です^^

そして、3回目の産休と育休を取らせてもらい、今は育児に専念中です。

希望だった2男1女の5人家族となりました♡

このブログを始めた理由

私はこんな方に読んでもらえたらいいなと思っています。

  • 二人目・三人目が欲しいけど、経済的・体力的・年齢的な事に不安で、一歩が踏み出せずに悩んでいるママ
  • そろそろ赤ちゃんが欲しいと思っている主婦
  • 出来たら女の子を授かりたいなと希望している方

これ、全部今までの私自身に当てはまる事です。

一人目で鬱気味状態、二人目はイライラ状態になりながらも、やっぱり子供は3人欲しい!

だけど体力的に大丈夫?

年齢的に妊娠できるの??

子供が出来る度に転職している旦那さんだけど我が家の財政大丈夫???

って不安はつきませんでした。

3児の母になってわかった事は、子供が3人になるからって子育てが3倍大変になるわけではない事!

妊娠できる時期には限りがある事。私はチャレンジして本当によかったって思ってます!

家計事情は今のところ何とかなっているので、これから具体的に対策が必要かな^^!

私は、悩んで止まっているくらいなら、出来る事からやってみる!事を大事にしています。

家族計画に関しても悩みはあったけど、自分のモットーを大切にし実行しました。

その結果、第三子を授かり、女の子を出産する事ができました。

私は、二人目・三人目が欲しいけど悩んでいるママやそろそろ赤ちゃんが欲しい主婦、女の子を希望している方の悩みやギモンが少しでも解消できる様な情報を発信していき、このブログで一歩を踏み出すキッカケ作りになればいいなと思っています。

幸せな家族計画が出来る事を願っています。

そして、「mama’s smile」は私の子育てのモットーでもあり、母業としての初心を忘れないためにつけました。

お母さんが笑顔だと家の中はぱっと明るくなるし、家族を元気にするパワーがあるって信じてます!

そんな気持ちをどんな時も忘れない様にしたい!これが今の私の課題かな。

妊活・妊娠生活・兄弟や3人子育ての事、仕事と育児の両立のコツ、たまにはお出かけ情報等々。

みなさんのお役に立てる情報を発信していければなと思っています。

どうぞよろしくお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする