経産婦は妊娠しやすいの!?私の一人・二人・三人目の妊活体験談

スポンサーリンク

f:id:cmayumama:20170130053241p:plain

「一度妊娠した事がある方やお産の経験のある女性の方が、妊娠しやすい」

経産婦さんは出産後、妊娠しやすい

って話を聞いた事ありませんか?

産後の女性は妊娠しやすい状態と言われる理由や原因はいくつかあります。

①妊娠経験の有無で子宮の状態が異なる

経産婦さんの子宮と、妊娠・出産の経験のない女性の子宮の状態は違います。

産後の女性の子宮はキレイになっており、精子が着床しやすい状態になっています。

②生理の再開の時期で妊娠のしやすさが違う

母乳育児をしているママは、ホルモンの影響で授乳中は生理が再開しにくい状態です。

私も1人目と2人目を1歳0ヶ月まで授乳していましたが、生理は断乳の翌月から開始しました。

一概には言えませんが、ミルクの場合は生理の再開が早いと言われています。

すぐに妊娠したいっていう場合は、母乳からミルクに変えるのも一つの方法だと思います。

③ホルモンのバランスが一定しない

出産後のお母さんの体はホルモンの働きも不安定です。

生理は再開していなくても、排卵が起こっている事もあります。

いつ排卵が起こっているのか、予測しにくい状況です。

経産婦は、初産婦さんと比べたら妊娠しやすい状況にあるのかもしれませんが、

1人目より2人目、3人目の妊活になるにつれて、当然お母さんの年齢も上がります。

年齢による卵子の老化も起こるので、一概に妊娠経験があるから授かりやすいとは言えません。

ちなみに私の場合は、

平成23年 長男(32歳で出産)

平成25年 次男(34歳で出産)

平成29年 長女(37歳で出産)

二人目は2歳差を目指して、三人目は3歳差を目指して妊活しました。

その結果奇跡的に、その通り授かる事ができました!

30歳過ぎて結婚したので、三人子供が欲しいという割にはややスタートは遅め。

それでも1人目は結婚後すぐに授かり、結婚1年目を迎える頃には産まれていました。

慣れない育児に奮闘していたので、長男が1歳過ぎるまでは2人目はとてもじゃないけど考えられませんでした。

断乳して子供がひとつ自立したなと思えた頃から、やっとそろそろ2人目が欲しいなと思える様になりました。

そして、2人目の妊活を始めて三ヶ月後には妊娠できました。

1人目の時より確実に歳を取っていた私の体ですが、2人目もすぐに妊娠できたので、

やっぱり経産婦って妊娠しやすいんだ!と思っていました。

35歳過ぎたら2度の出産経験があっても妊娠しにくい!?

2歳差で欲しかった2人目は難なく妊娠する事が出来ました。

2歳差育児は思っていた以上に大変だったので、三人目は真ん中と3歳差が希望でした。

2度目の育児休暇明けの仕事復帰した時には、すでに私35歳過ぎてました・・・。

子供が2人になって確かに大変にはなったけど、倍大変かと言われるとそうではないんですよね。

それよりも自分の体力の低下や疲れやすさが半端なかったです(涙)

そのため仕事復帰してから1ヶ月頃までは、週末の度に私が体調を崩し寝込む事が多かったです。

そんな状況だったので三人目妊活の話すら出来ませんでした。

年齢の事も考えて、新しい生活がよやく落ち着いた頃から3人目について主人と話し合いを始めました。

2度も妊娠経験があるから、すぐに妊娠出来るだろうなんて簡単に考えていましたが、

あれ?今月も生理がきた・・・」のくり返し。

だんだんと妊娠出来ない事に焦ってきました。

三人目で不妊に!?やっぱり欲しくて諦めたくなかった3人目妊活スタート!

あれ、なんで?3人目妊娠できない・・・

え、何?何?これって不妊って事!

と私の頭の中では3人目不妊の事でいっぱいいっぱい。

不妊について調べてみたら2年間子作りしても出来なかった場合と定義付けされていました。

妊活スタートして2年は経たないけど、上2人の時はすぐに妊娠できたのに・・・。

くよくよ悩んでいても前には進めないので、まずは今の生活を見直しました。

出来る範囲で意識的に睡眠を十分取る様にし、ストレスや疲れを貯めない生活に変えました。

生理周期は整っていたので、基礎体温を計り始めました。

また排卵日をある程度絞りたかったので、排卵日予測検査薬を使ってタイミングをはかる事にしました。

新たな3人目妊活をスタートしてもすぐには結果はでませんでした。

おち込んだり焦ったりする事もありましたが、1年弱で待望の妊娠♡

希望が叶って、次男とは3歳差に!

何より3人目を妊娠出来た事に嬉しくて嬉しくて幸せです。

経産婦は妊娠しやすい!と思うけど、母体の年齢にもよると思う!

私の場合は、長男と次男を難なく妊娠できた経験から、

やっぱり一度妊娠やお産を経験した事があると妊娠しやすいんだ!」なんて思っていました。

だけど、三人目はそうは簡単に妊娠できませんでした。

過去2回の妊活と3度目の妊活の違いについて考えてみましたが、

  • 私も主人も35歳を過ぎていた
  • 毎日の育児と仕事の両立生活に疲れていた
  • 育児や仕事のストレスをうまく解消できていなかった

加齢で生殖機能も老化しつつある状態で、私の体が疲労で悲鳴をあげていたのかもしれません。

なので、赤ちゃんを授かるのための体作りや妊活のための生活の見直しってとっても大事だと思いました。

これは経産婦さんだろうが私は大切だと今回実感しました。

これから、2人目・3人目を考えているママやそろそろ赤ちゃんを迎えたいお母さんは、

赤ちゃんを迎えるための自分の体作りや環境作りも意識してやっていくといいと思います。

PS.

実は私、三人目で初めて女の子の産み分けにも挑戦して、見事成功しました!

私が実践した女の子の産み分け方法についてはこれからこのブログで綴っていきますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする