妊娠しにくい!?妊娠の成功率を上げるために私が実践した3つのこと

スポンサーリンク

一人目と二人目は子作りを始めてすぐに妊娠したので、三人目も同じ様にすぐに出来るだろうなと思って始めた妊活。

だけど、「今月もまた生理がきた・・・」のくり返しで何だかこれまでの妊活よ様子が違う。

「え!?もしかして私妊娠しにくいの???」

って頭をよぎりました。

そこで、妊娠率をあげる方法を調べてみたんです!

妊娠は男性の精子と女性の卵子が受精して受精卵が子宮内に着床します。

その後、子宮内に胎嚢が確認される事と胎児の心拍が動いているのが確認されて、

初めて妊娠が成立したと言われます。

妊娠の成功率を上げるためには、次の2つはとっても大切です!

①排卵日を知る

②排卵日前後に性交のタイミングを持ってくる

例えば毎日性交してたとしても、妊娠する確率は約30%という記事を読んだ事があります。

100%じゃないんですよね。

3人目妊活ではこの2つの事はやっていました。

他に原因があるのかもしれないと思って、過去2回の妊活と今回で違う所や改善した方がいい所はあるのかなと考えてみました。

  1. 1人目・2人目の時より確実に年齢があがっているし35歳を過ぎている
  2. 1人目を妊娠してから今までぐっすり眠れた!と思える日がなく、ここ数年寝不足で疲れがたまっていたのかも
  3. 毎日の生活に追われ自分をメンテナンスする事を怠っていた

そこで、2人の子供の子育てや仕事といった今の基本的な生活スタイルは変えずに、

その中で改善できる事を考え、色々自分なりに調べて妊娠の確率を上げるために取り入れた事をご紹介します。

妊娠の確率を上げるには妊娠しやすい生活に変える事も重要だよ!

①妊活に向けて睡眠が十分取れる生活に変えてみた!

子育て中に自分の時間を確保するのは欲しいですよね?

私は自分の時間も大事だったので、子供が寝てからが自分のゴールデンタイムでした。

だけど、子供の寝かしつけをしているといつの間にか自分も一緒に寝ちゃっているなんて毎日。

そこから起きると寝起きは最悪、ぼーっとしていてやりたい事も出来たものじゃなかったんです。

そしていざ寝ようと思うとなかなか寝付けなくて睡眠時間が短く、細切れ睡眠でした。

そこで、子供の寝かしつけではなく、子供一緒に寝る!事にしました。

自分のやりたい事がある日は子供や夫が起きてくる時間より早めに起きてする事にしました。

そうです、妊活に向けて朝活に生活を変えてみました!

わが家の子供達は21時に就寝し、朝6時過ぎに起こします。

私も21時に就寝し、朝5時に起きたら8時間、4時に起きても7時間通して寝れます。

こんなに通して寝たのなんて何年ぶり!!っていう感動。

実践1日目から寝れた〜と実感できたんです^^

朝もすっきり起きれる日が増えたので朝活に変えました。

これで少しでも疲れを取って、ストレスを少なくしていけるかなと思っています。

②妊娠にいいと言われている葉酸配合の妊活サプリメントを摂り始めてみた!

妊娠初期に葉酸を摂取すると、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らす効果がある事は1人目妊娠の時から知っていて、実際に私も妊娠が分かってから摂っていました。

葉酸が必要な時期って、妊娠初期。

妊娠がわかってから急いで摂り始めてもいいとは思いますが、

妊娠を希望しているのなら妊娠中から摂っていた方がいつ妊娠しても妊娠時から赤ちゃんに葉酸を送る事が出来ます。

もう37歳だし、胎児へのリスクを少しでも減らしたいし、妊婦に必要な栄養素を今のうちから補給して、妊娠に向けた体作りをしていきました。

③排卵検査薬で妊娠しやすいタイミングを!

私は1人目も2人目の時も1歳0ヶ月まで授乳をしていました。

卒乳後すぐに生理が始まり、周期も安定していました。

なので、排卵日ってだいたいこのくらいじゃないのかなと排卵日を予想してのぞんでいたんですが、

うまくいかず・・・。

あれ、そもそも私生理はくるけど排卵は起きてるの?と思う様に。

そこで3人目妊活にして始めて排卵検査薬を使う事にしました。

ひとまず検査薬を使って、排卵が起きている事が判って安心したものの、1回目からそうそううまくはいかず・・・。

5回目でようやく妊娠検査薬が陽性になりました。

3人目の妊活を終えての感想

3人目が欲しかったので、生活スタイルを見直す事から始め、

妊活によいと言われているサプリメントを試したり、

3人目妊活にして始めて排卵検査薬を使ってみたり、今までとは違う事に挑戦してみました。

これが奏を効したのかはわかりませんが、しっかり睡眠時間を確保出来る様になり、

胎児にいい栄養素を妊娠時から与える事が出来て、3人目をはぐぐむ事が出来ていい事だらけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする