兄弟ママが37歳で希望の女の子産み分け妊活を実践しての本音レビュー

スポンサーリンク

f:id:cmayumama:20170213110033j:plain

次男が2歳過ぎてからそろそろ三人目が欲しいねと話を始めた私たち夫婦。

旦那から「次は女の子とか男の子とか希望はある?」と聞かれ、

「女の子育ててみたいな〜。」

「そうだね。女の子いいね〜。」

この話がきっかけで、女の子の産み分けに興味を持った我が家。

産み分けの方法なんて全く知らなかったし知識もなかったので、インターネットや本から情報を集め始めました。

一生懸命調べれば調べる程、男女の産み分け方法の奥深さに興味が涌いてきて、

主人の方が私より詳しい程でした。

調べて初めて知った事は、

  • 男女の産み分けは理論上、可能である
  • 精子の染色体が性別を決定している
  • 排卵日を特定する事が重要
  • 性行為のタイミングと方法がポイント
  • 女児を希望の場合は排卵日2日前に性交する事

そこで、我が家は病院へは行かず、自宅で出来る方法を探し、自分達で出来る事から始めました。我が家は女の子を希望したので、女の子を妊娠しやすくするためのポイントをおさえて、確率をあげてみる事にしました。我が家の自己流の女の子産み分け妊活のスタートです。

三人目は女児希望!アラフォーママが産み分け妊娠にチャレンジしてみたよ!

まず試したのが、性行為のタイミングとその方法。

女の子を希望する場合は、排卵が起こる2日前に性交をする事が大事だと知りました。
また、その前に週2回程度性交をして精液の数を少なくしておくといい事も言われています。

その理由は、女の子の性を決める精子のX染色体の寿命が男の子の性を決めるY染色体より長い事と精液中のY染色体の数を減らし少しでも女の子になる確率を上げるためと考えられています。

また、X染色体は酸性に強いという性質があります。
膣内は性交で感じやすくなると酸性度が低くなると言われているので、出来るだけあっさりとした性行為がベストらしいです。

なんだかこれなら私達でも出来そうだったので、

次回の生理日と排卵日を予測できるサイトで、排卵日を絞ってタイミングをはかりました。

排卵日を予測して、しかもその2日前まで予想するのって結構至難の業です(汗)

生理日、そこから予測した排卵日、そしてタイミングを持った日を記録してみる事を始めました。

これを3ヶ月くらい試してみてうまくいきそうになかったので、そもそも排卵が起きているのか?と自分の体の事が心配になりました。

そこで、市販の排卵日予測検査薬を使って排卵がちゃんと起きているのかと排卵日を予測してみる事にしました。

私が購入した時はまだネットで買えなかったんですが、今は一般用医薬品扱いとなったため、ネットでも購入できます。

使い方は妊娠検査薬と同様でかなり簡単でした。
判定方法も色の濃淡で判定できます。

約1日前に排卵を予測してくれるので、漠然としていた排卵日をかなり的を絞る事が出来ます。

初めて陽性反応を確認できた時は、ちゃんと排卵は起きている事が確認できて、安心しました。(まだ妊娠してませんけど 笑)

次回の排卵日をある程度目処をつけて、その数日前から排卵検査薬の使用を始めました。

この方法である程度排卵日を絞れる様になりましたが、女の子を希望していたので排卵日の2日前にタイミングを持つ事ってかなり難しく、試行錯誤する事4ヶ月・・・。

やっと妊娠できました♡

3人目妊活をスタートして7〜8ヶ月が経っていました。

そして妊娠生活も順調に進み、妊娠6ヶ月頃に性別が判明

お医者さんから「ほぼ女の子です

と聞いた瞬間ニンマリした事は言うまでもありません^^

男の子2児の母が女の子の産み分け妊活を実践した感想

女の子の産み分け妊活は、正直大変でした。

まず、タイミングの取り方が予想でしか出来ないので、妊娠の機会も少なくなります。

病院へ行くと卵子の大きさを計ったり、排卵が起きる時期をもっと詳しく診てもらえると思いますが、あくまでも在宅で自分達で出来る範囲で女の子の産み分け妊活をやろうと決めていたので、試行錯誤はありました。

しかも長男次男の時はすぐに妊娠したので、この第三子の妊活はとても長く感じました。

高齢出産になる方や不妊治療を行っている方は、排卵のタイミングで産み分けをするので、妊娠の機会が少なくなる事を理解しておいてください。

また、子供は一人と決めているから1人目から男女の産み分けをしたいと考えている方もいるかもしれませんが、この場合もなかなか妊娠出来なかった場合、産み分けで妊娠する機会が減っている事が原因なのか、それ以外に問題があるのかを特定するのに時間がかかる場合もあるので、あまりおススメはしません。

我が家もいつまでに妊娠出来なかったら、妊活を諦めるか?それとも病院へ行ってみるのか?とよく夫婦で話をしていました。

産み分けは夫婦の協力が一番大事だと思います。

「赤ちゃんが欲しいのか」、「子供の性別を選びたいのか」、どちらを優先するのか一度夫婦で相談しておいたらいいと思います。

皆さんの幸せな家族計画を願っています!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする