「女の子も一人は抱きたいわ!」のプレッシャー|異性の産み分け方法成功体験談

スポンサーリンク

f:id:cmayumama:20170302120723j:plain

「女の子も見たいわ〜。一人くらい女の子がいると違うと思うわ〜」とこれまでに何度も実の母に言われ続けてきました。

私には3つ上に兄がいる2人兄妹。

実の母は娘がいて本当によかったと思っている人なので、私にも同じ思いをさせてあげたいらしく、長男を出産した後からよく言われる様になりました。

そして次男を出産してからはさらにヒートアップして言われる様になり、

正直うんざりしていました

「私だって女の子欲しいけど、そんな親の都合のいいように選べる訳ないじゃない!好き勝手な事言わないでよ!」

ってずっと心の中で思っていました。

親が赤ちゃんの男女の性別を選ぶなんて、そんな奇跡みたいな事出来るの!?

ましてや私も37歳だし、次に妊娠出来るかどうかもわからないのに・・・。

自分の年齢や体力的な事、経済的な事を考えると子供は3人までかなと思っていました。

だから、

三人目で絶対女の子を妊娠できる方法なんてあるんだったら私だって知りたい!!!

そこで、主人ともたくさん相談して、三人目は女の子の産み分け妊活をしてみよう!となり、『自分達が出来る範囲で、自宅で出来て、より希望の性を妊娠できる可能性が高い方法をやってみよう!』という事になりました。

その産み分け方法を実践して、5〜6回目の排卵周期の時に妊娠が判明!

その後妊娠6ヶ月目で性別が女の子って分かったんです!!

我が家に待望の女の子がきましたー!!!

今回は、実母からの産み分けのプレッシャーを跳ね退けながら、待望の女の子を妊娠出来るまでの体験談をご紹介したいと思います。

周りからの赤ちゃんの性別への勝手な要望はシャットアウト!そんなストレスは気にせず妊活に集中!

もしかしたら、家柄や義理のご両親から、「絶対、赤ちゃんは男の子(女の子)!」って言われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もうそれこそすごい重圧だと思います。

「孫はまだ〜?」とか「次は男の子(女の子)を産まなきゃね!」なんて言われたら授かるものも授からなさそうって思ってしまいます。

f:id:cmayumama:20170301110004j:plain

もう、そっとして置いてという気分です。

私は実母から何度となく「女の子いいわよ〜。女の子一人くらいいたらいいと思うわ〜」って何度も何度も言われ続けてきました。

「そうだよね。私もそう思う〜。」と答えていましたが、内心は好き勝手な発言をする母に対して嫌悪感さえ抱いていました。

周りの声はプレッシャーでしかないです。

妊活のストレスにしかなりません。

気になるけど、気にしない事にしました。

だけど「女の子が見たい!産みたい!」は私の本心だったりもするんです。

だから、何か引っかかったまま3人目の妊活をする事がイヤで、可能性があるんだったらと思い、赤ちゃんの男女の産み分けについて徹底的に調べて、病院へ行かないで在宅で出来るやり方をチャレンジする事に決めたんです!

三人目で女の子の産み分け妊活を実践してみての私の体験談

36歳で三人目の妊活をスタートしました。

f:id:cmayumama:20170222104924j:plain

今回は始めて産み分けにチャレンジ!

自分達で調べられるだけ調べてみて、その中から出来るやり方を選択しました。

妊娠しやすい生活習慣を心がけながら、基礎体温や排卵日を予測するインターネットでの計算サイト、排卵検査薬を使ってタイミングを取りました。

女の子を妊娠するには排卵日と性交のタイミングがとっても重要なんです。

実際にやってみて感じた事は、

妊娠する機会が減るからなかなか妊娠すらしない!!!

産み分けのせいなのか、私の年齢のせいなのか、生理が来る度に悩みました。

もともと自分の年齢の事や出産後の子育てをする体力の事を考えると、37歳までに妊娠出産をしたい!と考えていました。
そのため、それまでに妊娠出来なかったら産み分け妊活は諦めて、三人目を妊娠する事に集中しようと決めていました。

次が産み分けを試すラストチャンス・・・という時に妊娠が判明したんです!

やったーと喜んだのもつかの間、

その後妊娠10週目に突然の出血!!!

もうダメなんじゃないかなと不安を抱えながら病院へいきました。

お腹の赤ちゃんは大丈夫でしたが、安静を言われ、流産防止の薬を飲み始めました。

2ヶ月の安静生活が終わり、やっと安定期に入りました。

もう妊娠出来て、ここまで育ってくれただけで嬉しかったので、性別はどっちでもいいや、元気にうまれてきてくれさえすればと思っていました。

そして、妊娠6ヶ月目で「女の子」と言われました!

もう飛び上がる程嬉しくて幸せでした^^

仕事から帰ってきた主人にもすぐに報告して二人で抱き合って喜びあいました!

f:id:cmayumama:20170222102200j:plain

もちろんお互いの両親にも性別を報告。

あんなに女の子を切望していた私の母。電話口でガッツボーズでもしているのではないか!?っというくらいはしゃぎ具合^^

母の言葉にうんざりと思った事もありましたが、やっぱり喜んでもらえると嬉しいものです。

女の子の産み分け妊活を体験しての感想

産み分けをしようと思っている、産み分けをしようか悩んでいる皆さん、どうして産み分けをしようと思っていますか?

  • 希望の性別の赤ちゃんが欲しいから?
  • 周りからのプレッシャーでどうしてもこの性の赤ちゃんを産まないといけないから?

理由は様々だと思います。

だけど赤ちゃんの男女の産み分けを実践すれば100%成功出来る訳ではありません。

あくまでも希望の性別の赤ちゃんを妊娠しやすくする、確率を高めてくれる方法なんです。

実際にやってみて感じた事は、禁欲や避妊をする時期があるので、普通に妊娠する場合よりも妊娠の機会を逃す事になります。

その事は十分に理解した上で、やらないで「あの時やっていたら・・・」と後悔したくなかったら、実践してみてもいいのではないかなと思います。

男の子だろうが、女の子だろうが、我が子はとっても可愛いんですけどね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする