赤ちゃんの異性の産み分けの疑問に答えます!成功確率は?食べ物の影響は?

スポンサーリンク

f:id:cmayumama:20170210220755j:plain

みなさん、子作りや家族計画を考える時、

  • 子供の人数は何人くらい欲しい?
  • 何歳差がいいかな?
  • 男の子(女の子)が何人くらい希望だな〜
  • できれば男の子と女の子両方欲しいな〜

等々・・・と考えませんか〜?

我が家も同じ事を結婚当初からよく話していましたよ。

『子どもは三人くらいが理想で、そのうち男の子は2人欲しいな。できれば2歳か3歳差くらいで♪』が我が家の理想の家族計画でした。

結婚してすぐに一人目を妊娠。

翌年長男が生まれ、その2年後の次男が産まれました。

とっても順調に家族が増え、慌ただしくも幸せで楽しい日々を送る事ができました^^

そして、そろそろ三人目の話を始めた時に、

『次は女の子が欲しいね!』と旦那さんと意見が一致!

三人目の産み分け妊活をスタートさせたんです。

赤ちゃんの男女の産み分けのやり方についてやった事もなけでばどうやったらいいのかも全く知りませんでした。まずは産み分けの仕方について調べる事から始めました。

  • 産み分けって本当にできるの?
  • 産み分けの方法で成功する確率はどのくらい?
  • 女の子を妊娠しやすくする食べ物ってあるの?

f:id:cmayumama:20170223095102j:plain

こんな疑問を持ちながら徹底的にネット本から自分達で出来る限りの事を調べました。

そして3人目の妊活をスタートして1年弱で妊娠が判明。

その約半年後に『女の子』と分かったんです♡

今回は、赤ちゃんの男女の産み分け方法に対して私が抱いていた疑問やネットの掲示板でよく質問されている事をまとめてみました。

赤ちゃんの産み分けの仕方に興味はあるんだけど、何かよくわからないし、実際どうなのか不安だし・・・という方のお悩みがちょっとでも解消されればと思っています。

赤ちゃんの産み分け方法のギモンにお答えます!

Q1 赤ちゃんの男女の産み分けって本当に出来るの?

A1 はい。医学的根拠に基づいて、男の子(女の子)を妊娠する可能性を高める事が

  できます。

Q2 生み分け方法の仕組みを教えてください

A2 赤ちゃんの性別は受精した瞬間に決まっています。

  性別を決定しているのは、男性の精液の中にある精子の性染色体によります。

  Y染色体が卵子と受精すると『男の子』を、X染色体が受精すると『女の子』を妊娠

  します。このY染色体とX染色体は、酸性度や寿命、運動性に関してそれぞれの特徴

  があります。その性質を利用して生み分けが可能となります。

  また、産み分けにはいつ性交するかの排卵日とのタイミングも重要です。産み分け

  妊活はもちろんですが、赤ちゃんが欲しいと思ったら、自分やパートナーの排卵周

  期をまずは知る事もとっても大切になります。

Q3 赤ちゃんの男女の産み分け方法の成功確率はどのくらい?

A3 臨床試験の様な正確なデータの報告はありませんが、産み分けを指導されている

  産婦人科医の先生方でつくられている「生み分けネット」では男の子で約73%、

  女の子で約74%との報告があります。また、私が参考にした書籍では、男女とも

  約80%の確率で希望する性を妊娠したとの記述もございます。

Q4 食べ物が男女の産み分けに影響するの?

A4 医学的な根拠はありません。

  ネットの掲示板でもよく男の子を妊娠しやすい食べ物や女の子を妊娠しやすい食

  事ってあるの?という趣旨の書き込みをきかけます。

  おそらく男の子を希望ならアルカリ性の食品を、女の子を希望なら酸性の食品を取

  りましょうって事を推奨しているのかな?と思いますが、そういう食事を取っても

  人間の体のpHは変動しません。希望の性別を妊娠しやすい体にはなりません。

Q5 赤ちゃんの男女の産み分けの仕方を実践されて成功された方の体験談を知りたい

   です。

A5 はい。私の体験談でよろしかったらぜひこちらの記事をお読みください^^

赤ちゃんの異性の産み分け方法のまとめ

赤ちゃんの男女の産み分けについて、疑問に思っていた事が少しは解消されたでしょうか?

産み分け論を理解すれば、実際にやる方法も理解出来ると思います。

私は自宅で出来る方法を選んでチャレンジしました。幸運にも希望する性別の赤ちゃんを授かる事ができました。産み分け方法は、やれば絶対100%の確率で希望の性別の赤ちゃんを妊娠できるわけではありません。あくまでも可能性を高める事ができるものです。そこは十分に理解しておきましょう。

それでも、しないよりは確率を上げる事は出来るし、後悔もしたくなかったので、我が家は産み分けにチャレンジする事にしました。

まずは疑問を解決して、ご夫婦でよく話あってから決めて始めるのが一番だと思います。

産み分けにはお互いの協力が何よりの成功への近道になりますし☆

幸せな家族計画になりますように。

    

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする