妊娠中の脇の下や乳首の黒ずみが気になる!黒ズミの原因とケア方法まとめ

スポンサーリンク

f:id:cmayumama:20170208075915j:plain

妊娠中にみられる肌トラブルの中でも人には聞きにくのが、脇の下や乳首、デリケートゾーンの「黒ずみ」です。

妊婦はホルモンバランスの乱れによって、肌の状態が妊娠前と大きく変わります。

黒ずみの原因も、ホルモンが影響しています。

妊娠の経過と共に、乳首にハリが出て来たり、肌が敏感になってきたり。
体が変化していく中で、だんだんと乳首が黒ずんでしまう事もあります。

黒ずみの程度には個人差があります。
気づいたら茶色っぽくなっていたり、脇の下が黒ずんでいたり、シミが増えたりなんて事は、妊娠期間中にはよくある話で、特別な事ではないんですよ。

なので、あなただけではありません!
黒ずみが消えるまでには個人差がありますが、産後少しずつ元通りになる女性がほとんどですから必要以上に神経質にならなくても大丈夫です。

悪さをしているのはホルモンなんですから!

とは言われても、黒ずんでいる自分の体をみたらショックですよね^^;

私は妊娠する前からシミやそばかすが多かったんですが、妊娠したらさらに顔が色が濃くなってしまいました。子供にお母さんの似顔絵を書かれると決まって、ほっぺたにゴマの様に点々をたくさん書かれてしまいます(涙)

仕方がないとはわかっていながらもやっぱり見た目、気になります。

そこで、今回は妊娠中の黒ずみの原因やその対策方法についてまとめました。私の様に黒ずみやしみそばかすが気になる妊婦さんにお役になてればと思っています。

脇の下や乳首の黒ずみの原因は、マタニティ期の女性ホルモンが影響している!

妊娠20週以降に急激に増加する女性ホルモンのプロラクチンエストロゲン

この2つのホルモンは、妊娠を維持するためにとても重要な役割を果たしてくれていますが、その反面、メラニン色素のメラノサイトという細胞を刺激して、メラニン色素を増やす事がわかっています。

これにより、色素沈着が起こりやすくなります

とくに、脇の下乳首・乳輪デリケートゾーンは、このメラニン色素が多く存在する場所でもあるので、黒ずみしやすくなります。

また、メラニン色素は肌を守る役割があると言われていて、乳首の黒ずみは、赤ちゃんへの授乳のためなんて考えもあるそうですよ。

黒ずみが妊娠中に出来てしまった場合の対処方法をお教えします!

冒頭でもお話しましたが、黒ずみの原因は妊娠期のホルモンが影響しています。

つまり、産後にホルモンの状態が元の状態に戻れば、自然と薄くなっていきます。

消えるまでには個人差がありますが、産後1年くらいで元に戻った妊婦さんが多い!というデータもあります。

とくに母乳で育てているママさんは、産後でも授乳をしていたら乳首の黒ずみが薄くならないって心配に思われるかもしれません。

授乳が終われば、この黒ずみも薄くなっていくものです。

なので、積極的にケアする必要はないと思いますし、妊娠中は肌が敏感なため、美白クリームやケミカルピーリングは避けた方がいいと思います。

黒ずみが気なる様な場合は、出産や授乳が終わって落ち着いてから美白ケアを始めてはいかがでしょうか。

「そんなに後からのケアで大丈夫なの?授乳が終わるのって1年以上後だよ!薄くなるの?」

と心配されるママもいると思います。

大事なので何度もいいますが、原因は妊娠期に増える女性ホルモンです。
産後は元のホルモンバランスに戻りますので、特に何もしなくても徐々に色が薄くなっていくママが多いです。それでも気になる様だったら、美白クリーム等を使った美白ケアを始めたらいいと思いますよ。

妊娠中の黒ずみの原因と対策に関するまとめ

黒ずみもそうですが、妊娠中の肌トラブルの原因はほとんどが女性ホルモンの影響によるものなんです!

ホルモンって目には見えませんけど、重要な成分なんですね。ホルモンのバランスが崩れるだけで、体や肌の状態の変化しちゃうんですもの。

私も妊娠する度に顔にモヤッとしたシミや元々あったシミがさらに濃くなって、鏡を見るのもイヤになる程ショックを受けています。早く美白ケアしたい気持ちはありますが、産後落ち着いたら、美白クリームでケアを始めようと思っています。

妊娠中は見た目の体の変化もそうですが、体の中でも本当に色んな事が起きているんですね!

妊娠が分かって幸せだけど、心配になる事や気になる事もいっぱいあるマタニティーライフ。赤ちゃんとのご対面の出産に向けて体の中では劇的に進行中なんだ!って前向きに過ごしていきたいですね!

  

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする