子供が病気や発熱の時どうする?共働きわが家はこうやって乗り切ってます

スポンサーリンク

共働きのみなさん、子供が病気や熱を出した時、どうしてますか?

熱の時や、出席停止の病気の時は、保育園や学校には行けないので、どちらかが仕事を休むか、両親に来てもらうか、みなさん工夫をされていると思います。

子供が病気の時や熱がある時、わが家が実際に取っている対応をまとめてみました。

①基本的に交互に休む

共働きでお互い仕事があるので、基本は交互に休む様にしています。わが家では、初日は私が休む事が多く、病院に連れて行って症状を診てもらいます。次の日も休ませる時は主人が休みを取っています。

②子供の体調が悪くなったらお互いの両親に状況を伝えておく

お互いの両親に応援に来てもらう事が多いわが家は、子供の体調が悪くなると状況を伝えて、もしかしたら応援に来てもらう可能性がある事を事前に相談しています。
お互いの両親はリタイアしているので仕事はありませんが、こちらの都合でお願いするので。

③長引きそうな時はどちらかの両親に来てもらう

熱が出ると1日で引く事なんて特に小さいうちはありえません。長引く事の方が多いし、熱が下がっても体力が回復するまでに1週間くらいはかかるかなと思います。完全に回復してから登園させてやりたいものの、それを交互に仕事を休んで自分達だけでしようとするには現実的には難しいかなと思います。(仕事にも支障が出てきそうだし、有給休暇も限りあるものなので)例えば月曜日から両親に応援に来てもらったら、土曜日までいてもらう事が多いです。子供の熱が下がってもその週はお休みさせて、元気になった翌週から登園しています。

④日頃からお互いの仕事状況を伝える

出張、外出、会議、来客等でどうしても休めない仕事がある時は日頃からお互いに話しています。覚えるまでは出来ないので、予定を書き込むカレンダーを決めておいて、そこに予定を書き込んでいます。

まとめ

わが家ではお互いの両親の応援のおかげで、有給休暇が足りない!!なんて事はなくやってこれています。どうしても来やすさから主人に両親にまず相談しますが、一度も断られた事はなく快く応援に来てくれます。本当に感謝、感謝です!

また、自治体によっては、病児保育や病後時保育で、病気中や回復期にある子供を預かってくれる保育施設を作って対応出来る様にしたり、ファミリーサポート(ファミサポ)を設けて、子育ての応援を支援する取り組みをしていたりしています。また、民間のベビーシッターを利用する方法もあると思います。どれも利用前に事前の登録が必要ですので、とりあえず登録だけしておく事もいいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする