妊婦さんは虫歯の治療はいつからいつまで出来るの?お腹の赤ちゃんへの影響はないの?

スポンサーリンク

「歯が痛い。虫歯かな?妊娠中でも治療できるのかな?」と心配している妊婦さん。安心してください!妊娠中でも歯科治療は出来ます!

実は妊娠している時期は、つわりで歯磨きが十分に出来なかったり、妊娠中期から後期にかけて女性ホルモンの増加の影響で、歯肉炎や歯周病になりやすくなります。

妊娠中は歯もトラブルが起きやすい状態になっています。

もし妊娠中に歯の治療を受けたい場合は、安定期(16週〜27週)に受診する事をオススメします!

では、歯の治療を控えた方がいい時期は、妊娠初期と妊娠後期です。

妊娠初期は胎児への影響から、応急処置にとどめた方がよいといわれていますし、妊娠後期は仰向けに寝ている状態で急激に血圧が低下する「仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん)」を起こす事があります。

緊急性がない場合は、産後に行くことも考えみたらいいと思いますよ^^

とは言われても、麻酔は大丈夫なのかな、レントゲンは?、歯周病は早産になる可能性があるって本当?、いつからいつまでに治療したらいいの?と不安はあると思います。

そこで、妊婦と歯科治療に関してよくある質問をQ&A方式でまとめました!よかったら参考にしてくださいね^^!

妊娠中の歯科処置は安定期に受けよう!麻酔やレントゲンも胎児への影響や問題はないよ!

Q:妊娠中の歯科治療は、いつからいつまでに受けたらいいの?

A:安定期に入った16週〜27週の間に受ける事をオススメします。

妊娠初期は、お腹の赤ちゃんに奇形を発生させる可能性があるので、応急処置以外は安定期に治療してもらうようにしましょう。

妊娠後期も、仰向けに寝ている状態で急激に血圧が低下する「仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん)が起こる可能性があるため、急な場合をのぞき、産後の受診も考えましょう。

Q:妊娠中の虫歯治療のために、麻酔を使っても大丈夫ですか?

A:安定期の場合は使っても大丈夫です。

歯科用麻酔で使われている2%リン酸リドカインは、胎児や母体への影響はほとんどないと報告されています。

痛みを我慢する事がストレスなら、局所麻酔を使用してもいいと思います。

Q:妊娠中の歯科処置のために、レントゲンをしても赤ちゃんへの影響はありませんか?

A:大丈夫です。

日本で1年間にあびる自然放射線量は約1.4msVと言われていて、これは歯科治療で行われるレントゲン撮影の約150枚に匹敵すると言われています。

また、防護エプロンも着用しますし、撮影は口元だけで腹部からも遠いので、胎児への影響はほとんどないと言われています。

とは言っても、撮影は必要最低限にしておく方がいいですね。

Q:歯周病があると早産になりやすいの?妊娠中でも歯周病治療はしても大丈夫

A:歯周病にかかっている妊婦は、早産や低体重児出生になるリスクが高くなる事がわかっています。妊娠したら適切な歯科指導を受けましょう。

早産や低体重児出生は、新生児の死亡につながる可能性が高いことや、脳性麻痺や知的障害、てんかん等の重度の障害になることが多いこと、糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかるリスクがある事が言われています。

妊娠がわかったら、歯科検診を受けて、適切な歯科指導を受けるようにしましょう。

3回妊娠を経験した私も実際に妊娠中に虫歯治療を受けました!

1人目の時に親知らずが痛くなって、歯医者を受診しました。

案の定虫歯になっていて、とりあえずの応急処置をしてもらいました。

2人目の時も同じく親知らずが痛くなって、妊娠中は応急処置をしてもらい、出産後に抜いてもらいました。

2人目お産後、長男が3歳になる前から定期歯科検診に行くようになり、今では家族4人で約4ヶ月おきの検診を受けています。

その検診で虫歯が見つかればその都度治療を受けていたので、3回目の妊娠中は大丈夫だろうと思っていたら、下の歯に虫歯がを発見!!局所麻酔を打ってもらって虫歯治療を受けました。

お腹の中の赤ちゃんも順調ですし、治療による影響はないです。

出来ることなら妊娠前に虫歯は全て治しておきたいですが、私のように定期検診を受けてても虫歯になる事はあるので、その場合は安定期の間に受診するようにしたいですね。

産後は赤ちゃんのお世話でなかなか自分のために受診するのが大変ですからね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする