三人目の赤ちゃんが欲しいけど経済的に不安なあなたへ。3人分の子育て資金を無理なく貯められる方法

スポンサーリンク

子どもはたくさん欲しいけど、子どもの養育費や教育資金をしっかり準備してあげられるか不安、今の我が家の経済で子供を育てていけるか心配に感じているお父さんやお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

皆さん、子ども1人にかかる養育費がどのくらいか答えられますか?

そのうち大学卒業までにかかる教育費(全て公立の場合)はどのくらいか、わかりますか?

我が家も3人目の妊活を始める前に、子どもが3人になった時の教育費や、現実的に今の収入からどうやって捻出していくか、私達の夫婦の年齢から後どれくらいサラリーマン時代があって、その中から家のローンを支払いながら、そして自分達の老後資金も貯金しながら、子ども達の子育て費用に当てるか・・・等々を夫婦でよく話すようになりました。

冒頭の質問の答えですが、内閣府が発表している子育て費用に関する調査等を参考にすると、

まず子ども1人にかかる養育費用は約3000万円と言われています。

そのうち、大学卒業(全て公立)までにかかる教育費は約1300万円というデータがあります。

正直、公立でもこんなにかかるのか・・・という感想ではないでしょうか?

お給料のいい職場に転職した方がいいんじゃないか、

私もパートで働きに出た方がいいんじゃないか、

と思われた方、ちょっと待ってくださいね。

国からもらえるお金(手当)等を賢く貯めていけば、無理なく子育て費用が貯まっていくし、まかなえるんですよ!

もちろん早い段階から私立に行かせたいとか、プラス教育資金がかかる予定のご家庭にはそれだけで足りないと思いますけど。

そこで、今回は国からもらえる手当についてまとめてみました。

子育て資金を上手に無理なく貯めていきたいですよね!


子供にかかるお金は、「妊娠・出産・子育て時代」で誰でももらえるお金で賢く貯金していこう!

①児童手当

コツコツ貯めれば、2人目までなら1人につき198万円もらえます。

これが3人目以降となると1人につき252万円になります!

毎月の手当額は年齢や子どもの人数によって違います。

0〜3歳未満:15000円

3歳〜小学生:10000円(第三子以降は15000円)

中学生:10000円

上記金額が、6月・10月・2月に4ヶ月分がまとめて振り込まれます。

振込日は自治体によって異なりますが、一般的に10日か15日です。

自治体に申請をしなければもらえないので、赤ちゃんが産まれて出生届けを出す時に一緒に児童手当の手続きもする事をおススメします!

共働き家庭なら、さらに保育園への申し込みの申請もご一緒に。

②出産育児一時金

子ども一人につき42万円

※産科医療補償制度未加入の医療機関で出産の場合は39万円です。

健康保険に加入している人は、子ども一人につき42万円受け取る事ができます。

加入している健康保険の窓口で申請する事になりますが、

産院によっては妊婦さんに代わって医療保険者に出産育児一時金の請求手続きを取ってくれるところもあると思いますので、産院に確認されるといいですよ。

私が出産予定の産院ではこの様な直接支払い制度を導入しているので、煩わしい手続きをしなくて出産費用にあててくれます。

③妊婦検診費

検診費 14回分

妊婦検診受診券を14回分もらえます。

内容や金額は自治体によって異なります。

今回3人目の妊娠がわかって、母子手帳の交付と妊婦検診の手続きにいくと、

次男の時より妊婦検診費が16000円アップしていて、

説明を受けながら「やったー!!」と心の中でガッツポーズで密かに大喜びしていました。

妊娠時期によって2週に1回、4週に1回と受診するので、

妊婦検診費の助成はかなり助かります!

この助成のおかげで1回の自己負担額が数百円で済みます。

④医療費控除

入院費用、出産費用、通院寺の交通費、病院での食事代などが対象で、

払いすぎた税金を取り戻せる制度です。

年間で支払った医療費が10万円を超える場合、確定申告すれば戻ってくるケースもあります。

働くママ向け

⑤出産手当金

日給の2/3×休日数

出産後も仕事を続ける場合、産前42日と産後56日の合計98日の範囲内で、

日給の2/3×休日数の手当が受け取れます。

出産後に申請できます。

⑥育児休業給付金

給料の67%〜50%

2ヶ月に1回受け取れる制度。

育児休暇前の2年間に12ヶ月以上働いている雇用保険加入者は、育休開始から6ヶ月間は給料の67%、以降は50%支給されます。

ワーキングマザーにとって、上記2つの制度はとってもありがたいです。

過去2回この制度を利用しているので、身にしみて良さを実感しています。

しかも今回は育児休業給付金がアップしているので尚更です。

(次男の時はまだ一律50%だったので)

番外編

暦年贈与

年間の贈与額が110万円までなら税金がかからない制度。

子育て資金として自由に使えるし、相続税対策になります。

もらえたらラッキーという程度でしょうか。

子育て資金の貯め方のまとめと感想

子ども一人にかかる養育費が3000万円、そのうち大学まで公立だったとしても1300万円の教育費がかかるって言われたら、もう一人子ども・・・って悩む気持ちもよくわかります。

18年後の家計がどうなっているかなんてわからないですもんね。

ご主人が今のまま安定してお給料を持って帰ってきてくれている事を望むばかりです。

我が家でも三人目を妊娠する前から、教育資金の話をよくしていました。

児童手当は子どもが産まれた時から貯金していますが、コツコツ貯めていけば200万円程にもなるなんて、計算した事がなかったので、おどろきました!

3人目になると250万円も貯める事が出来るんですね。

もらえるお金を貯める様にすれば、無理なく貯められるイメージが湧きました!

子どもはたくさん欲しいけど経済的に不安とか、

子ども3人分の子育て資金を準備出来るか心配というパパママに、

少しでも参考になれば嬉しいです。

前向きに楽しく子育てしていきましょう♪



スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする