三人目妊娠中の体重増加がやばい!適正範囲を超えないように食べ方で気をつけている事まとめ

スポンサーリンク

妊娠中は何かと気を遣いますよね。栄養は足りているかな?貧血になっていないかな?体重は増え過ぎていないかな?と本当妊婦さんって大変だなって3人目を妊娠している私もつくづく思います。

私も一人目、二人目の時にちょうど悪阻がおさまって、ようやくご飯が美味しい!!と気がゆるんだとたんに体重が大幅に増加してしまいました!!
そして厳重注意を受けてしまったと苦い経験しています。

三人目はこんな苦い経験をしたくないと心に誓い、安定期に入るまでは体重の推移はとっても順調でした。

だけど悪阻がおさまったとたんに1ヶ月で3キロも増えていたんです!

「ひぇ〜〜〜!!!」

自分でも目を疑いました。

先生からも「え!!」と素で驚かれました。

次の検診でもこの調子でいくと強制的に栄養指導を受けなければいけないとまで言われました。だから、今は間食は極力しないで、ご飯もゆっくり食べるようにしています。

次回の検診で体重計にのるのがドキドキです。

食欲を抑えるために妊娠中は少量ずつゆっくりかんで食べよう!

よくかんで食べると消化が促されて、唾液がたくさん出ます。

唾液がたくさん出ることは、虫歯になりにくくなるとか口腔内環境にとってもいい影響があるんです。

また、満腹感が高まり食べ過ぎの防止にもつながります。

一口につき30回かむことを心がける様にとよく言われますが、ゆっくり楽しみながら食事を取る気持ちが大切かなと思います。

野菜から先に食べて胃をふくらませてから、他のおかずやごはんを食べる

ごはんを食べ過ぎてしまうので、まずは野菜やお味噌汁なので汁物から食べる様にしています。野菜・みそ汁 → 魚・お肉 → ごはん(夜は少なめか取らない)の順に食べる事が多いです。バランスさえ守れれば、特に順序は気にせず三角食べでもいいと思います。

自分が食べる分の食事はあらかじめ取り分けておく

食べる量をしっかり意識できるし、大皿から好きな量を取るスタイルではついつい食べ過ぎになってしまいがち。わが家では基本、自分の分を取り分けて食卓に並べるようにしています。バランスも確認できるし、食べ過ぎや早食いの防止にもなりますよ。

おすすめは具沢山のお味噌汁!夕食は主食を控えると体重の増加が抑えられるよ!

みそ汁の具を増やすだけでも副菜を手軽に取る事ができます。

朝食と夕食は具沢山お味噌汁を作るようにしています。

野菜がたくさん入っているとよくかむし、満足感にもつながります。

お昼はお弁当とインスタントのお味噌汁というのが今の定番スタイルです。

体重が増え過ぎなので、夕食のご飯は控えるようにしています。

その分野菜を多めにして満腹感は得られているのでストレスはないです。

食事の前に白湯を飲む

食事の前に白湯を飲むようにしています。

朝は起きたらまずはお湯を湧かして飲んでから朝食の準備をする。

昼食や夕食の前もあたたかいお茶や白湯を飲むようにしています。

白湯は体が温まるし、消化の妨げにもならないし、どか食いが減りました。

また、便秘にもならなくなったし、おすすめですよ。

お菓子や甘いものは食べる時間帯がポイント!活動量の多い昼間に食べるといいよ!

体重増加を注意されてもやっぱり食べたい甘いもの。

食べる時間を気にする様にしています。

私は小腹の空く昼間に食べるようにし、夕食後は食べないようにしています。

子どもと一緒に21時には就寝するので夜の間食はなくなりました。

妊娠中の体重が適正体重以上に増加しない様にするためのまとめ

妊娠中の体重増加は妊娠3回目にしても課題の管理人ですが、食事の内容にまで気をつける事も大事ですが、食べ方を気をつけるだけでも体重の増加に影響してくると思います。

BMIでは標準のため目標増加体重は7〜12キロと言われていますが、年齢やぽっちゃり体型を考慮すると、7〜9キロ以内でおさえたいところです。

3度目の妊娠もこの適正体重で抑えられるようになんとか頑張って行きたいです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする