3人目で高年出産の私、どう乗り切る!高年出産のリスクまとめ。

スポンサーリンク

日本では女性の社会進出が進み、晩婚化・高年出産が増え、第1子の出産年齢が30歳を超える様になりました。医学的に、35歳以上の出産を「高年出産」といいます。

私も30歳過ぎて結婚し、一人目と二人目は35歳になる前に出産しましたが、三人目を妊娠した時にはすでに35歳をオーバーしています。三人目にして初めて高年出産を経験しました。

今まで高齢女性の妊娠や出産のリスクについてほとんど知らなかったので、今回初めて高年出産でお産するので、高年出産のリスクにはどういった事があるのか、について調べてまとめました。

①35歳を過ぎると、妊娠する確率が低くなる

35歳を過ぎると卵子も老化してきます。
卵子が老化する=妊娠力が低下する事につながります。
受精・着床がうまく出来ず、妊娠が成立出来なくなる確率が高くなります。

②35歳を過ぎると、流産の確率が高くなる

年齢が高くなると流産になる確率も高くなります。

各年代の流産率を調べたところ、

20代〜30代前半 15%前後

35歳以上     20%

40歳       35%

45歳       60%

やはり年齢が上がるにつれて流産の確率は高くなっています。

流産は妊娠22週以前に胎児が外に出てしまう事をいいます。
流産の原因は胎児側に問題がある場合がほとんどと言われています。

③35歳を過ぎると、胎児の染色体異常が起こる確率が高くなる

これも年齢が高くなると起こる確率が高くなるひとつです。

高齢になると様々なリスクが増えて、あれこれ心配する前に、羊水検査等の出生前診断を受けるのもひとつだと思います。産婦人科で行っているので、心配な場合は医師に相談して受けてみるものいいと思います。

高齢だからといって全ての方が受けるべき検査ではないので、そこはご主人と相談して決めたらいいと思います。

④35歳を過ぎると、妊娠合併症が起こりやすい

妊娠合併症とは、何らかの持病を持った女性が妊娠した場合、もしくは妊娠して新たに他の病気を発症した状態の事をいいます。

子宮筋腫、高血圧、バセドウ病等の病気や前置胎盤等も加齢とともに増加する事が知られています。

⑤35歳を過ぎると、帝王切開でのお産になりやすい

個人差はありますが、一般的に加齢に伴って体力が低下し、お産の時の陣痛が弱かったり、お産に時間がかかったり、出血が増える等の合併症が起こる可能性が高くなります。そのため、産院によっては、安全面から高齢の方には始めから帝王切開を進めている病院もあります。高齢の方でも自然分娩で産んでいる方はたくさんいます。自然分娩を希望なら、そういう方針の病院を探すといいと思います。

37歳で三人目を妊娠!初めての高齢出産、どう乗り切る?

35歳を過ぎての妊娠・出産は色々とリスクがある事を知りました。確かに35歳を過ぎると妊娠しにくいなと私も実感しています。

私の場合は、三人目は思った様に妊娠出来なかったし、妊娠初期に不正出血が起きました。上の二人の息子を妊娠した時は全くトラブルなく妊娠生活を送っていたので、初めての経験でした。

不安ですぐに病院で診てもらいました。子宮に血腫が出来ていて、その日から安静にする事と張り止めの薬(流産防止の薬)と止血剤を飲み始めました。1ヶ月程度で血腫はおさまりましたが、流産にならない様に気をつけた生活を送っていました。

わが家は夫とも相談して出生前診断はしませんでした。私が通っている産院でも出生前診断は行っていますが、特に高齢だからといって薦められた事もないし、とにかくお腹の赤ちゃんに順調に育ってもらうために毎日無理のない生活を送る事が大事かなと思っています。

妊娠中に私が一番気をつけたのは、体重管理です。
私の体重からすると、増えてもプラス8〜9キロ以内で抑えたいところです。体重の増加は妊娠合併症にもつながるし、お産も難産になる可能性もあるので、絶対に避けたいところです。今は大好きな間食を断ち、安産に向けて意思を強くもとうと自分と戦っています。

かわいい赤ちゃんとのご対面までお互い頑張りましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする