2人目は病院に到着後1時間後にお産!夫と長男の立会い出産できました!

スポンサーリンク

2人目の出産は、お産を一度経験しているので、心の準備は出来ていました。

後は陣痛がいつ始まるかを待つばかりでした。上の子がいるのが前回とは違うところでした。

実の母には出産予定日の2週間くらい前から応援に来てもらいました。

長男は平日は保育園へ行っているので、出来れば長男が保育園にいる間に産めたらいいなと思っていました。陣痛で苦しんでいる中、長男の事を構う余裕が私には無いだろうなと思ったので。

そして2度目のお産は陣痛から始りました。予定日の翌日の早朝からです。

早朝から一定間隔でお腹のはりを感じました。まだまだ痛みは強くなく、夫に「これ陣痛になるかも。今日中に産まれるかもしれないからその時は連絡するね。」と言って夫と長男を送りだしました。

経産婦のお産はやっぱり早かった!私のお産を進めたのは○○です!

15分間隔のお腹のはりは、朝から夕方まで一定でした。私もなかなか間隔が短くならない状況に、ソワソワしながら過ごしました。痛みだけが時間と共に増していくという感じでした。

そうこうしているうちに、長男が保育園から母と帰ってきました。いつもの様に一緒に夕食を食べ、一緒にお風呂に入りました。

産後1ヶ月は入浴禁止なので、出産前の最後のお風呂になるかなと思いながら、普段通りに長男と入りました。この間も陣痛の間隔は15分間隔でした。

お風呂から上がってきたら陣痛の間隔が5分間隔に!!

急いで病院に電話をして、タクシーを呼んで、慌てて長男と母と3人で病院へむかいました。

2歳になったばかりの長男でしたが、いつもと違う状況を察してくれて、グズる事はなくすぐにタクシーに乗ってくれました。

自宅から病院まで車でほんの10分程度なのに、ものすごく長く感じました。

タクシーの運転手さんも少しでも早く到着してあげようと近道してくれました。本当にありがとうございます。

車を降りた頃にはもう歩くのもやっとで、助産師さんに支えてもらいながら分娩室へ行きました。内診してもらったら、すでに子宮口は7センチも開いていました!!

(やったー!あとお産までちょっとー)

1人目はなかなか開かなかった子宮口が思っていた以上に開いていたので、もうちょっとだ!頑張ろう!!と思えました。

そう、私のお産を進めてくれたのは「お風呂(入浴)」でした!

産婦人科医に着いて1時間後に次男が誕生!

分娩台に乗って、陣痛の波は短くなり、陣痛の長さも長くなってきました。

「痛いー」

といいながらも呼吸だけは止めない様に吐く事に集中しました。

旦那さんもすぐに駆けつけてくれて、出産に立ち会う事ができました。

それから、痛みが増す中30分後には無事に次男が誕生。へその緒は旦那さんが切ってくれました。

病院に到着したのが夜の7時。次男を出産したのが8時。

ちょうど1時間後に産まれてきました。産まれてすぐに外で待っていた長男と母も分娩室に来てくれて、産まれたばかりの赤ちゃんとご対面。

長男は初めてみる赤ちゃんに少々戸惑いながら、不思議そうに見ていました。

「お手て触ってみる?」

と長男に聞くと、おそるおそるその小さな弟の手をそっと優しく触っていました。

なんとも微笑ましい光景に癒されました。

長男はお産の間は母とお利口に待っていてくれたそうです。

私も安心してお産に集中できました。

今回も家族みんなに支えてもらって無事に出産する事ができました。

立ち会い出産は絶対におすすめ!一緒に家族の誕生を共感できるよ!

今回も立ち会い出産でお産ができました。

やっぱり立ち会い出産でお産が出来てよかったなと思います。家族に側にいるだけで安心するし力がでるし、頑張ろうと思えるし、なにより産まれてくる家族を一緒に迎えられる事が素敵だと思います。

家族のきずながぐっと深まる感じが、私は大好きです。

3人目も絶対立ち会い出産で産みたいなと思っています。長男は2回目、次男は初めて産まれたばかりの赤ちゃんと会う事になるけど、どんな反応をしてくれるのか今から楽しみです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする