職場復帰でムリなく卒乳したい!私が実際にやった断乳方法

スポンサーリンク

4月から保育園に子供を預けて職場復帰されたワーママさんも多いのではないでしょか?

おそらく0歳児クラスや1歳時クラスにお子さんを預けるお母さんが多いかなと思います。

0歳児クラスや1歳時クラスだと、まだ授乳中の子もいますよね。

そんな赤ちゃんを保育園へ預けるお母さんとしては、仕事も始った頃だしそろそろ卒乳や断乳をやろうかなと考えているママもいるかな?と思います。

赤ちゃんにとって母乳は、栄養面の役割はもちろんですが、精神安定剤としての役割もありますよね。そんな大好きなおっぱいからサヨナラさせるのは、何だかかわいそうでもありますが、働くお母さんとしては仕事もあるからそろそろおっぱいを卒業させたいしと、心の葛藤ではないでしょうか。

理想は、子供から自然におっぱいから離れていくのを待ちたいところですが、仕事復帰後は久しぶりの仕事と子育ての両立がのしかかってきます。夜間の授乳が続いていたらお母さんの体は本当に辛いですよ。

私も経験があるので気持ちはよ〜くわかります!

我が家の長男は1歳から、次男は1歳4ヶ月から保育園に通っています。

長男は保育園へ預け始めた頃はまだ1歳になったばかりでした。離乳食は食べていましたが、夜間に1回授乳をしていました。

そのため昼間仕事しながら眠気との戦いでした。

次男は1歳0ヶ月で卒乳したので、保育園へ行く頃にはもうおっぱいが欲しいと言われる事もありませんでした。

仕事復帰が控えているから赤ちゃんの卒乳は必ずやらなければいけないわけではないですが、もし卒乳や断乳にチャレンジしようと思っているお母さんの参考に少しでもなればいいなと思い私の体験談をご紹介します。

一人目は仕事復帰直後、二人目は育児休暇中に卒乳した私の体験談

まずは一人目の時は、長男が1歳の誕生日の日から仕事に復帰しました。

産まれてからずっと母乳で育ててきました。そのためミルクを全く飲みませんでした。

職場への復帰を控えた仕事が始る1ヶ月前頃から、卒乳を考えだしました。

その頃は日中はほとんど授乳はなくなり、夜間の授乳が1、2回ある程度でした。

「卒乳して離乳食だけになっても、本当に栄養面で大丈夫なのかな?」

と卒乳への不安がありどうしようか悩みに悩んだ末、仕事が始るまでに卒乳はしませんでした。

いざ仕事が始ると、今まで子供と過ごして来た生活とは一変しました。始めの間は保育園へ子供を預けて会社へたどり着くだけでも一仕事でした。本当に体が慣れるまで大変でした。

仕事もあるし、子育てもあるし、疲れ切ってしまうだろうなと分かってはいましたが、実際に仕事が始って想像以上に大変でした。

夜の授乳だけが残っていたので、職場復帰後も夜中に起きて授乳をしていました。

そのせいもあって、日中は眠気との戦いです。

やっぱりこれじゃあいかん!!

と思い、主人に相談して卒乳をする事を決意しました。

長男が1歳0ヶ月の時です。

卒乳を開始する日を決めて、数日前から息子には「そろそろおっぱいバイバイね〜」と話していました。

いざ卒乳を始める日。

いつもの様に夜中に泣いて起きた息子。

普段だったらここでおっぱいを飲ませながら寝かせますが、この日から夜中に泣いて起きてもおっぱいをあげず、背中をトントンしたりおしゃぶりをあげたりしましたが、泣きやみません。最後は主人に抱っこをしてもらいました。

ここで私が抱っこしたら、何でおっぱいくれないの!って怒り狂いそうだったので、おっぱいのないお父さんに頑張ってもらいました。

息子も1時間くらい泣いていましたが、最後は泣き疲れたのか諦めたのかそのまま朝まで寝ました。

2日目も同じ様に夜中に泣いて起きた息子。

寝ぼけている様子だったので、おしゃぶりをあげてみるとそれをくわえてすーっとまた寝入りました。

おしゃぶりが口から外れても起きず、そのまま朝まで寝ていました。

3日目以降は2日目と同じでした。

1週間くらい夜中にぎゃーって泣いて起きましたが、それ以降は夜中に起きずに眠れる日がどんどん増えてきました。

こうして長男は卒乳しました。

続いて次男の時のお話です。

次男は長男と同じ保育園へ通わせたかったので、育休を延長して1歳4ヶ月になる4月から保育園へ通い始めました。

実は次男も長男と同じ1歳0ヶ月で卒乳しました。

育休延長の了承を職場にはもらっていたので、そんなに急いでする必要はなかったんですが、そろそろ卒乳どうしようかなと主人と話していた矢先に長男が入院する事になったんです!

夜は私が病院に付き添う必要があったため、否応なく卒乳せざる終えなくなりました。

この頃は寝る前と夜中の授乳が続いていた次男ですが、主人の話では「すぐ寝たよー。夜中起きたけどおしゃぶりあげてトントンしたら寝た」そうです。

次男にとっても私にとっても何の心構えもなしにやってきた卒乳でした。

息子二人の卒乳を経験してみての感想・まとめ

スムーズに卒乳できるかな、離乳食だけで大丈夫かなと卒乳を始める前の心配はつきませんが、卒乳するぞ!とその日を決めて始めたからには、親も強い意志でやり通す事が大事だと思います。

ここでおっぱいをあげたら、その時は赤ちゃんは落ち着くかもしれませんが、またいつかこの思いをさせなければいけません。

赤ちゃんは泣いて怒るかもしれませんが、「大丈夫、大丈夫」と言い聞かせ(自分にも)てあげましょう。

その時は心が折れそうになるくらい辛いですが、赤ちゃんも頑張ってくれているんだから!と親も一緒に頑張りましょう。

離乳食だけで心配なお母さんも、卒乳したらすぐに食べ出すかどうかは赤ちゃん次第ですが、成長とともにしっかり食べる様になりますよ。

息子達も離乳食時代はそんなに食べる方ではありませんでしたが、卒乳後は日に日に食べれる物も量も増えました。

結構子供の方がすぐに慣れちゃうものなんかもしれないですね!

働くお母さん、お互いに子育てと仕事の両立頑張りましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする