おすすめ産み分け本「マンガでわかる男女産み分け完全ガイド」を監修した杉山力一さんとは?

スポンサーリンク

f:id:cmayumama:20170222122630j:plain

我が家の「三人目女の子産み分け妊活」で産み分け方法の参考にした本が、「マンガでわかる男女産み分け完全ガイド」です。

上の息子2人の時は産み分けで妊娠したわけではないし、産み分けの方法も知らなかったので、産み分けのついて書かれた本を探していました。

そこで見つけたのが、この「マンガでわかる男女産み分け完全ガイド」でした。

赤ちゃんの産み分け方法についての知識が全くない初めて人でも、マンガで多く書かれているのでわかりやすそうだったし、Amazonや楽天ブックスのレビューコメントをみていると、産み分け本のバイブル的な位置づけとして評価している方が多かったので、入門書といていいかなと思い購入しました。

そしてもう一つ購入の決めてとなったのが、この本を監修されているのが現役の産婦人科の先生だった事です。

監修者の杉山力一さんは、東京都世田谷区にある杉山産婦人科院長で、杉四会理事長でもあるそうです。不妊治療が専門だそうです。

実際に産み分けを経験された方の体験談も大事だと思いますが、まず正確な知識をつけたかったので、実際にご自身の産院でも産み分け指導を実践されている先生が書かれてあれば、間違いないだろうと思い購入してみました。

男女の生み分け指導も実際に指導している杉山力一医師ってどんな方?

f:id:cmayumama:20170222125805p:plain

引用元:杉山産婦人科:https://www.sugiyama.or.jp/

東京医科大学出身で、研修時代に不妊治療に没頭されて、現在の杉山産婦人科の前進の杉山レディスクリニックを開院されました。

また、日本における生み分け方法の権威、杉山四郎医師のお孫さんでもいらっしゃるそうです。

この杉山四郎医師は、SS(セックス・セレクション)研究会を設立者で、全国の生み分けに理解のある産婦人科医師の情報交換の場として設立されました。

現在杉山力一先生を中心にSS研究会に所属されている産科医が全国にいらっしゃいます。また、生み分けネットというサイトを運営されており、男女生み分けに関する事や全国の生み分け指導をしている病院情報を提供しています。

生み分けの草分け的存在の先生なんですね〜^^

ますます信頼のおける1冊だなと思えました。

草分け的存在の杉山先生が考える赤ちゃんの男女の産み分け方法とは?

f:id:cmayumama:20170222134328j:plain

生み分けネットに、「私が考える男女生み分け法」というタイトルで先生の生み分けに対する考えが載っています。

その中から、私が特に共感した一部をご紹介したいと思います。

生み分けは親のエゴかもしれませんが、ご夫婦の自由であることも事実です。ただ、私が毎日診療していて感じることは、こうして生み分けを通じて親としての 自覚や子供への愛情を培っていらっしゃるということを肌で感じています。生み分け診療を行うにあたっては、成功率などという言葉は使っていません。ご希望と違えば、失敗となるからです。ご妊娠からはじまる10ヶ月のマタニティーライフがすばらしいものとなることが、我々産婦人科医師の願いであり、生み分けのご希望が叶うか否かは次の問題です。

お子様の誕生を強く願うご夫婦が、生み分けを併用なさることがベストな方法であり、生み分けがメインでないことをどうぞご理解ください。あくまで、ご妊娠の延長線上に生み分けが存在し自然妊娠を原則に行うものです。

産み分けの第一人者である杉山力一先生の考えを知っての感想

先生の産み分けについての考えを読み、その通りだなと私も思います。

産み分けで希望の性別の赤ちゃんを妊娠したいと始めると、どうして産み分け方法ありきになってしまいそうですが、杉山先生もおっしゃっていますが、生み分け方法を実践すれば100%で希望の性別の赤ちゃんを授かる訳ではありません。

医学的根拠に基づいて希望の性別を妊娠するための確率を上げるためのものなんですよね。 

また、産み分け方法で妊活することで、妊娠のチャンスが減る事だってあります。

例えば女の子が欲しい場合は、排卵日2日前に性交し、それ以外の日は避妊する事が推奨されています。そのため妊娠する確率が低くなってしまいます。

産み分けに興味にある方は、一度読んでみると男女の生み分け方法に関する事はもちろん、妊娠や女性の体の仕組みについても勉強できます。

まさしく産み分けのバイブル本ですよ!かなりおすすめです!

    

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする