楽天ブックスで4.4と高い評価の「マンガでわかる!男女産み分け完全ガイド」感想口コミ

スポンサーリンク

f:id:cmayumama:20170214090510j:plain

子どもは3人希望の我が家には3歳と5歳になる息子が二人います。

旦那さんと三人目は

出来れば女の子が産まれてきてくれたらいいよね〜!」

と話になりました。

赤ちゃんの性別は男性の性染色体であるX染色体とY染色体で決まる事は知っていました。

どうやったら男子や女子のを産み分けが出来るのか?

具体的なやり方については全く知りませんでした。

上の二人の男の子の時は、産み分け妊活をしようなんて思ってもいなかったのでやった事がありません。

そこで、まずは旦那さんと三人目は女の子の産み分け妊活をしてみる事で意見が合意したので、そこから赤ちゃんの産み分けについての情報を出来るだけ集めました。

私も旦那さんも産み分けの知識はゼロなので、勉強する事から始めました。

インターネットで「女の子 産み分け」と検索するとたくさん情報が出てきました。
私は書籍でも情報を集めたいと思い、楽天ブックスやAmazonで産み分けの本がないか調べました。

そこで見つけたのが、「マンガでわかる!男女産み分け完全ガイド」です。

楽天ブックスではレビュー評価4.4、Amazonではレビュー評価4.0とどちらでも高く評価されていました。

「マンガで書かれているし、読みやすそう!」と思い、早速購入して読んでみました。
普段本をほとんど読まない私ですが、本当すき間時間にあっという間に読めました。今回はこの本を読んでみての本音の感想をご紹介します!!

マジで分かりやすくて実践しやすい!赤ちゃんの男女産み分け本だよ!!

【感想1】充実した内容なのに、わかりやすくて読みやすい!

登場人物のウサギさん夫婦が、二人目妊活で産み分けにチャレンジするという設定です。ストーリーはマンガ形式で書かれていて、補足で詳しい解説が書かれています。

妊娠の仕組みや男女の性別を決めるY染色体とX染色体の特徴の違い、排卵サイクルや性交の仕方によって膣内環境も変わる事等が書かれています。これまで知らない事が多く載っていてとっても勉強になりました。

共働きで時間があまりない、普段本を読む習慣のない私でもあっという間に読めました^^

あと、ウサギさん夫婦のやり取りが面白くて、思わずクスって笑ってしまいます。内容が内容なだけに下ネタも多々ありますが、女性でも抵抗なく読める内容でした◎

【感想2】内容が実践しやすい

男の子が欲しい場合と女の子が欲しい場合の実際のやり方が紹介されています。

産み分けの基礎についてそれまでに書かれているので、男女の産み分け方法の内容は理解しやすかったです。

男女の産み分けが医学的根拠に基づいて書かれているので非常に納得できました。

そのやり方はどれも家で実行出来るものばかりでした!

女の子はタイミングをつかむのが難しいと思うので、その時は医療機関でより正確なタイミングを教えてもらう事も出来るそうです。

個人的には女の子の方が産み分けの方が難しそうかなと思いましたが、この方法を実行すると男女とも約80%の成功確率だそうです。

成功率100%ではありませんが、何もしないよりは希望する性別の赤ちゃんを授かる可能性が高くなるかも!?と思うと、実践したくなる様な方法でした。

そのくらい取り組みやすい方法でしたよ。

【感想3】産み分け妊活の夫婦の会話のきっかけになると思う

産み分けは女性と男性の協力が非常に大事になってきます。そうしないと成功しません。

普段から夫婦生活や妊活、家族計画について、お互いに気兼ねなく話せる関係が理想だろうなと思っています。ただ、なかなか自分から話を出しにくい時もあると思いますが、この本を話のきっかけに使えるのではないかなと思いました。

忙しいご主人でも読みやすいと思いますし、内容はしっかりしているので、勉強にもなります。

「ねえねえ、産み分けの本買ってみたんだけど、わかりやすかったよ〜。男の子と女の子の産み分けの方法も具体的に書かれてるし。あなたも読んでみて〜」
と言って渡してみるのはいかがでしょうか?

共通の話題が出来るので、「こんな感じでやってみない?」と話になるかもしれませんよ。

「マンガでわかる!男女産み分け完全ガイド」感想まとめ

赤ちゃんの男女の産み分けの方法について全く知りませんでしたが、この1冊あればかなりの知識を収集できるのでは!と思いました。産み分けについての概要がまとめられているので、内容には非常に満足出来ると思います。

さらにマンガで書かれているので読みやすいですし、忙しいご夫婦でも短時間で産み分けの知識を勉強出来ると思いますよ^^

少しでも赤ちゃんの産み分けに興味のある方、一度読んでみる価値のありの1冊です!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする